MOLICE戦記ll -A Record of “MOLICE BATTLE”  second edition-

"MOLICE"ギタリストによる、日々の戦いの記録

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルー・リードの事

2013/12/16 Mon [Edit]

ビートルズが好きだ。

ビートルズによって開かれた僕の中の音楽の森は、
やがてノイズからクラシック、民族音楽からヒップホップにまで
至るのだから、その影響力たるや恐ろしいものである。

イギリスのこの巨人の音楽に浸っていたときに、
「アメリカには、このバンドに対抗できるようなバンドはいるのだろうか?」
と、よく考えたことがあった。
ビートルズは大好きだが、
もっとすごい音楽がどこかにあるんじゃないか、という事を
高校生くらいの頃によく考えていた。
あれだけのセールスと人気を獲得したのは
ビートルズ前のエルヴィスと、
ビートルズ後のマイケルくらいなのかもしれないなと思いつつ、
バンドではどうなんだ、とよく考えていた。

ビーチボーイズか?
ドアーズか?
そんな風に思ったこともあった。
そんなある日、僕はそのバンドに出会った。
18歳の夏であった。



衝撃だった。
それが、VELVET UNDERGROUNDだった。
曲が良かった。
聴いた事も無いような攻撃的なサウンドだった。
歌詞が英語でも、恐ろしく挑発的なことを歌っているのだ、と
高校生の英語力でも理解できた。
知れば知るほど、クールだった。
ルックスも、歌詞も。
ニューヨークの地下アートシーンとともにある、なんて
当時10代のガキの僕にとっては、最高に羨ましくて
かっこ良くて、もう十分だった。

その音楽に入り込むほどに、僕は確信した。
アメリカで、ビートルズに匹敵するのは
このバンドだ、と。
POPと、アヴァンギャルドが完璧に共存しているのは
ビートルズと、ビーチボーイズと、
そしてこのVELVET UNDERGROUNDだけだ。
そしてVELVET UNDERGROUNDは、
最高にシャープなバンドだった。


今年、
ルー・リードが亡くなった。
語りたい事はたくさんある。

彼が亡くなった日、
僕が一番先に聴いた彼の曲はこれだった。



ロックンロール!
ありがとう、ルー・リード。
安らかに。






Top
MOLICE戦記ll -A Record of “MOLICE BATTLE”  second edition-

プロフィール

TAKEDA YUZURU

Author:TAKEDA YUZURU
モリス
その音楽と戦いの記録、と。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。