MOLICE戦記ll -A Record of “MOLICE BATTLE”  second edition-

"MOLICE"ギタリストによる、日々の戦いの記録

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい重力

2011/09/06 Tue [Edit]

新作は制作中である。
ライブ活動も再開している。
サポートベーストとして、
初夏にケンジ氏と”契約”を交わした。
すでに二回のライブを終えているが、
ライブを行うという事は、
MOLICEとしてのライブの水準を保証できる、と判断したからだ。
次回のライブは9月11日(日)渋谷CLUB ASIAにて。
BAD NOISE FES!に出演する。
楽しそうなイベントになると思うので是非いらしてください。
現在のMOLICEはこんな感じ。




新作に関するお話もしよう。
制作の構想は昨年の夏から始まっていた。
その後、アトランタにツアーに出たり、
チリヌルヲワカのツアーのオープニングで各地を同行させて頂いたり、
INTO YOUのPVを制作したりと、
アルバム制作と平行して色々なこともやっていた。
そんな中で、ベーシストの解任を決断するという事件もあった。
3月にはあの地震が起きた。

新作のタイトルは『NEUGRAVITY』である。
「新しい重力」と解釈して頂いて構わない。
実は当初、全く別のタイトルを決めていた。
それを明かす必要は無いが、「波」に関わるタイトルだった。
3月のあのとき以来、制作の方向は変わった。
収録していた曲にも、「波」にまつわる曲もあった。
奇妙な事だが、事実である。
地震とベーシスト解任にともなって、
収録曲も大幅に変更した。
再録音も繰り返した。
自粛、などという類いのものではない。
変えたくなったから、やり直したのだ。
このアルバムには、もっと大きなエネルギーをこめなくてはならない。
そう思ったから変えた。
所詮我々は、この島で暮らす小さな生き物だ。
この島の具合に心も体も左右されて当然だ。

思えば、全て自然の流れだったのかもしれない。
ベーシスト不在の中、制作を再開した。
全てをやり直した。
新作にふさわしい音として、ギブソンのレスポール・ベースを導入した。
そいつは今、ケンジ氏に委ねてあるので、そちらをご確認下さい。
ベースの事も随分勉強になった。
自分で勉強したり、知人の助けを借りたりしながら、
全てのパートを無事完成させた。


この作品を皆さんにお届けできるのは、
もう少しあとになると思うが、
とにかく強靭なものを目指した。
エネルギー以外のものは求めていない。
そんなアルバムにしたいと思って制作した。
中途半端な社会批判や、自己憐憫や、世の中への不満、などの
ロックにとっては不可欠なものには一切興味が無い。
社会への憎悪などを作品や創造のエネルギーにする気も無い。
そんなちっぽけな人間の感情の掃き溜めなど、
強靭な音楽の前では吹き飛ばされてしまうものだ。
ダラダラと吐き出される、作文のような言葉など、
ディストーションのフィードバック一つでかき消されるのだ。
Rinko氏の歌詞はMOLICEの思想である、と理解してほしい。

強靭な音楽に近づきたい。
そう思って音を紡いだ。

どこかにたどり着く。
それは幻想だ。
ただただ、道無き道を
大切な音楽を胸に進む。
それがMOLICEだ。

新作、もう少しお待ち下さい。



スポンサーサイト
Top
MOLICE戦記ll -A Record of “MOLICE BATTLE”  second edition-

プロフィール

TAKEDA YUZURU

Author:TAKEDA YUZURU
モリス
その音楽と戦いの記録、と。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。