MOLICE戦記ll -A Record of “MOLICE BATTLE”  second edition-

"MOLICE"ギタリストによる、日々の戦いの記録

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地殻変動と音楽の神様

2009/11/23 Mon [Edit]

音楽を通して、色んな人に出会ってきた。
同じように音楽をやっている人や、MOLICEのファンや、
音楽を制作する人、音楽に関わるメディアの人たち。。
実に色々な人がいるものだ、と常々思う。
「音楽を聴く」という行為一つにしても、
CDなのか、ネットなのか、ライブなのか、と色んな方法があり、
その一つ一つに関わっている人がいるのだということを考えると
それも今や当たり前の事なのかなあと思う。

ところが最近、ちょっとした変化も感じている。
そうした音楽を通じた知人から
「この度、退職しました」という連絡を頻繁に受け取るようになった。
ニュースを見れば、CDが売れないとかそういう記事は
今や当たり前のようになって、
「ああ、そうらしいねえ」という程度の感想しか
持たなくなっていた自分だったが、
いわゆる「音楽の世界」から離れていくという連絡をダイレクトに受け取ると、
妙なリアリズムを感じてしまう。

では、音楽そのものが消えかかっているのかというと、
そんなこともない。
例えばお米や農作物のように、「今年は天候不順で大凶作だ」
なんて事は、音楽で起きる事はないだろう。

音楽は減りもしないし、増えもしない。
ただ、そこに関わる人々の生活環境の変化が起きているのだろうか。

「音楽で生きる」という事と、
「音楽と生きる」という事では、全くその内容も違う。

音楽で動くお金の在り方も変わってきているのだろうか。

音楽は、いつも自由で、世の中の変化など気にもせず、
雑誌がなくなろうが、お店が潰れようが、
誰がいなくなっても、誰が入ってきても、
いつも自由にそこらじゅうを笑顔で飛び回っている。

僕らはいつもそれを追いかけながら、
その羽根を拾ったり、その姿をスケッチしたり、
観察したり、おびき寄せたり、逃げられたりしながら、
その断片を曲という形に捉え続けているのだ。


下界ではその羽根を巡るシステムがグチャグチャな事になってきた。
地震が起きて、皆大変な思いをしながら、かけずり回る。
僕らも毎日、右往左往しながら、かけずり回る。
そんな事、どこ吹く風と音楽は飛び続けている。
今日も僕はそんな音楽をポカンと口を開けて、
あたふたしながら追い続けている訳だ。



セカンドアルバム制作中。
イギリスに思いを馳せつつ、
二週間後のライブも楽しみだ。
スポンサーサイト

ステレオリマスターとThis is it

2009/11/08 Sun [Edit]

最近の事。
レコーディング、続いていて、
『Doctor Ray』が流通、配信されたり。

で、
ビートルズのリマスター・ステレオ盤を聴いた。
マイケルの『This is it』を観に行った。

とても刺激になった。
『A HARD DAYS NIGHT』を聴いて、
「リンゴのバスドラがでかい!」とか「アコギのこすれる音が聴こえる!」
とかそんな事で盛り上がる自分。
ああ、ビートルズっていうのは自分にとってそういうバンドなんだな、と。
ちゃんとしたマイクとレコーダーで録っていれば、
何十年経ってもこれだけの音が再生できるのかな、と思う。
ノイマンのマイクが欲しい。。。。

マイケルという人は、
歴史に残るほど華を持った人間なんだなと思うが、
この映画を見ると、いちミュージシャンとしてのその力量を感じずにはいられない。
あの歌唱力とリズム感は実力以外の何物でもない。
楽器をやっていたら(やっていたのかな?)、
間違いなくトップクラスの腕前を誇るプレイヤーになっただろうなあ。


ビートルズも、マイケルも、時代の音楽を鳴らしていた。
ビートルズは60年代の音を出し、
マイケルは80年代の音を出していた。
何というか、サウンドって服みたいなものなのだなと思う。
ビートルズはたまたま60年代に生きたので、
60年代の最高にカッコいい服を着たのだろう。
マイケルは80年代のそれを着たのだ。
だけど実は、服を着るその肉体そのものが、
恐ろしく強靭で、スタイルがいいのだ。
だから何を着ても似合う。
服で勝負したのではなく、実は生身の肉体で時代を生きたのだろうな。
たまたまその時代に生まれたので、それを着ただけ。
だから時代がいつになってもみすぼらしくならない。

他の80年代のアーティストなんかで、今みたら恐ろしく陳腐で寒い事になっている人はたくさんいる。きっと服を脱いでしまえば、貧弱な肉体しか残っていなかったのだろう。
時代とともに忘れられてしまう人ってそんな感じ。

時代の象徴みたいなビートルズとマイケルが、
実は一番時代を飛び越えるだけの強さがあるっていうのは、
考えてみれば当たり前だ。
音楽家としての演奏力、作曲能力があればこそ
今聴いても見ても、人を喜ばせることが出来るのだな。
そこにさらに華があるわけだ。この人たちは。

何というか、
ビートルズとマイケルという二つの
大きな花を眺めて掘り起こしたら、
ブッ太い幹と、ブッ太い根を見せつけられて
姿勢を正しました、というお話です。
今日は。

アルバム制作に気合を注入されました。

来年にはモノラル・リマスターも聴けそうだ。
今から笑いが抑えられない。






Top
MOLICE戦記ll -A Record of “MOLICE BATTLE”  second edition-

プロフィール

TAKEDA YUZURU

Author:TAKEDA YUZURU
モリス
その音楽と戦いの記録、と。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。