MOLICE戦記ll -A Record of “MOLICE BATTLE”  second edition-

"MOLICE"ギタリストによる、日々の戦いの記録

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dear CHANGE

2009/09/10 Thu [Edit]

制作は続く。
そんな中で、新しいPVも無事公開出来た。


『Doctor Ray』も、11月から全国流通。
まずは良かった。


色んな事が、静かに変わる。
奇しくも『Doctor Ray』には「Dear CHANGE」という曲があるが、
Rinko氏の名付けたタイトルのように、
楽しいとか、嫌だとか、そういうものでもなく
「親愛なる」くらいの心持ちで迎えるのがいいだろうな。

世の中は知らないうちに、ゆっくりと変わる。
「政治になんて興味も関心も無い」という無関心さもクールでもなんでもなく、
そんなヤツはただの無知かバカだと思われるようになっていくのかも。
かといって主義主張を振りかざすのも時代錯誤な感じもする。
色んなものの構造も、静かに静かに、変わってきている気がしている。

ニヒリストが流行る時代でもなく、
かといって声高に変化を叫ぶ時代でもなく、
変化におびえて耳をふさいで閉じこもる時でもなく
ノスタルジーに浸っているほど時間もない。
ただ粛々と、でも強い力を込めて、
自分がやろうとしている事をやる。

そんな事を考えている。

音楽を創っている。
録音という、とても具体的な形で音楽を創っている。
これしかない、という音を選んでいるが、
それも実は2009年だから出てきた音なんだと思う。
時代とか歴史とか、そういうものの上に僕はいつも立っていて、
そこで音が生まれている。
世の中の出来事なんて関係のない閉じた世界の中で
音を創っていたりするような錯覚に陥るけど、
実は全くそんな事は無くて、気付かなくてもモロに時代の流れを受けている音楽を創っているのだろう。

堀田善衞の『方丈記私記』を読んでいる。
「世捨て人」と言っても、結局はその時代の「世」があるから捨てられる訳で、
あらゆる人は時代や世の中とつながっているのだなと。
ひきこもっていても、逃げ回っていても、この世を謳歌していても、
結局、皆、とても強固に時代に接続しているという事なのだな、と。

???何の話?
と言われても仕方ないけど、
何か、そんな事を考えている時期なのです。
そんな事を一度問い直してみたい、という自分がそこにいた訳です。

で、ギターを弾いています。
録音は順調です。

作品の完成をお楽しみに!

スポンサーサイト
Top
MOLICE戦記ll -A Record of “MOLICE BATTLE”  second edition-

プロフィール

TAKEDA YUZURU

Author:TAKEDA YUZURU
モリス
その音楽と戦いの記録、と。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。