MOLICE戦記ll -A Record of “MOLICE BATTLE”  second edition-

"MOLICE"ギタリストによる、日々の戦いの記録

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑。ストーンズ。

2009/07/23 Thu [Edit]

今年はミュージシャンの訃報が多い、と感じるのは気のせいなのだろうか。
アベフトシも亡くなった。ギタリストの死、というのも考えさせられる事が多い。
訃報のブログになってしまいそうなので嫌だが。
一人の人間があるチームに参加する事で、巨大な推進力になって爆発していく。
そんな事があるという良い形だったか。
彼があのバンドで披露したギターの「アイデア」を興味深く聴いていた。
合掌。


意志と、アイデア。
この二つだ。

僕はニューウェーブとは
「どう黒人音楽と渡り合うか」だと思っている。
そういう意味では60年代も、70年代も、80年代も、90年代も
やって来た事は同じだ。
ブルースと、ソウルと、レゲエと、ジャズと、ヒップホップと、
どう渡り合うか。
その火花が新しい奇妙な音楽を生む。
ちょっと前の「ニューウェーブ・リバイバル」などと言って、
ギャングオブフォーとかの死肉を喰ってても意味は無いのだ。
彼らがどんな構えで黒人音楽と渡り合ったのか。
それが気になるのだ。
その「渡り合い方」を愛しているのだ。

ストーンズ。
この「真っ黒」な屈指のドラマー。
「真っ黒」で、金髪のリズムギタリスト。
その推進力はビートルズの演奏力にも負けていなかったのだろうな。

そのリズムギタリストを切り捨てても、
なおも進んでいけるだけのアイデアを
このボーカリストとリードギタリストは持っていた、という事か。

黒人音楽の光を常に全身に浴びながら
生きてきたバンド。

黒い光をどうやって、どれだけ浴びようか。
そんなことばかり考えている。


スポンサーサイト
Top
MOLICE戦記ll -A Record of “MOLICE BATTLE”  second edition-

プロフィール

TAKEDA YUZURU

Author:TAKEDA YUZURU
モリス
その音楽と戦いの記録、と。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。