MOLICE戦記ll -A Record of “MOLICE BATTLE”  second edition-

"MOLICE"ギタリストによる、日々の戦いの記録

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・我、腐敗するサウンドに抵抗す。

2009/01/04 Sun [Edit]

サウンドのお話、の続き。
サウンドというのは当たり前だがギターだけじゃない。
ドラムとベースとボーカルもある。
四つだけじゃん、という単純なものではない。
それぞれの音をどうやって配置してどういう音質にしてどのくらいのボリュームで出せば
自分が思う最高にカッコいい音になるのか、という音とのにらめっこだ。
これが実に大変である。
まず「自分が思うカッコいい音」という、一見シンプルなようでとても曖昧な概念。
大体自分がカッコいいと思う音、なんてのはコロコロ変わって当たり前のもので、
その変化の周期は一日単位でやってくる。
「おお、これ今まで気がつかなかったけどカッコいい!」なんて事は
最早日課のように起きる。
そのたびにアルバムの音の基準が変わっていては百年経ってもアルバムは完成しない。

繰り返すが、サウンドは腐敗するのだ。

先週の自分の基準が、今日の自分の価値観にとっては
「もう古い、腐っている」ものだったりする事は日常茶飯事。
だからこそ、いつまでも変わらない、本当に強くて無敵のサウンドを探すのだ。
自分の姿勢は「音は絶対腐る、古くなる。」という認識と
「絶対に腐らないものを見つけたい」という矛盾した感覚で成り立っている。
この矛盾を認識したのはいつからかは覚えてないが、
音に限らず、僕の頭の中はいつもこんな矛盾をくるくる回す事を繰り返している。
いつか死ぬ。でも今は生きてる。極論だがこれも矛盾。
で、至ったさらなる結論。

矛盾は素晴らしい。     と、いう極論。

ぐちゃぐちゃでいい。こういう東洋的哲学が僕は好きなのです。

むむ、これでは一向に解決は望めないのだが、
別に何でも解決しなくてもいいんじゃないの?
大体何でも解決しようという、その姿勢が気にくわん、という
錯乱したやり取りが自分の頭の会議場では日々行われています。

兎に角そうした堂々巡りの中で『Doctor Ray』のサウンドは生まれた訳です。
で、結局どうなったか。
これは、MOLICEが2008年のある時点で下した、
「最高である」という一つの姿なのです。
例えるなら写真みたいな感じ。
写真の自分は自分だけど、今の自分とは違う顔をしている。
でも『Doctor Ray』という写真を一番かっこ良く撮る為にメイクも筋トレもおしゃれもしましたよ、
という感じでしょうか。
もう同じ顔は二度と出来ませんが、
あのときあの場所でのMOLICEがそこにはハッキリ写っています。

技術的なお話をすると調子に乗って、朝までブログ書きをやることになるので
泣く泣く割愛させて頂く。

どうせいつかは何だって腐り消えてしまう。
どんなものだって消えてしまう。
別にニヒリストでもなく、スカしている訳でもなく、そう思う。
そんな自分が思っていた事。

100年残るように。

それが『Doctor Ray』に込めた想いです。
スポンサーサイト

明けましておめでとうございます。 A Happy New Year

2009/01/02 Fri [Edit]

2009年になりました。
今年もよろしくお願いします!

今、北海道にいます。
年末は大荒れの天気の中、羽田で散々待たされ、
飛行機は着陸出来ず三沢の上空で待機。
こういう体験は初めてだった。
空の上で待つ、というのは何だか非現実的で
他の飛行機もぐるぐる回って待っていてお互いにぶつからないように飛んでいる、
という図は今思うと何だか滑稽だし、
「空で待ってるよ」なんてちょっとロマンチックな感じもするが
実際はあの密室の中でただ待つというのはイヤな感じだった。。。
東京に引き返すか函館に着陸するか、という可能性もあったそうなので
千歳に着けただけでも幸運というべきか。

ひたすら待たされつづけた大晦日。
羽田で二時間以上待ち、空の上でも待ち、千歳からも麻痺した高速道路の回復を待ち。
年内に帰宅するのが難しくなったそのとき、
ハンバーガーを注文して「20分待ちです」と告げられ、
ひたすらに「待つ」という事を考えた。

はは、今年最後の食事はハンバーガーかよ、と思いながら
こういうのもいいな、と思ったり。

普段は時間ないなー、なんてバタバタしているのに
今回の大晦日は「待つ」という行為だけで8時間くらい。
色ーんな事を考えるのには十分な時間だったのだが、
逆にそういう時には大体何も出てこない。
ただ、ぼんやりしていた。

となりでピザ食ってる人の顔とか
ベンチで寝てる人のカバンが俺のと似てるなーとか
飛行機はなんで飛ぶのだろう?とか
スタバではグランテを買うべきだったかな、とか
千歳のトイレで俺の両脇で用を足していたロシア人とおぼしき子どもの兄弟はなんでここにいるのだろう、とか。

故郷への郷愁、というものはないのだが
年が明けようとしている夜中の故郷で、高校生くらいの男女の集団が
やたら楽しそうにしていたのを見て、昔の自分にふと想いを馳せたけど
もう思い出なんてものは石化していて何の温もりもないな、と実感。

人にはそれぞれの時間が流れているのだ、と知りました。

あんまり景気のいい文章ではなかったけど、
個人的には新年でかなりワクワクしています。
今年はきっと色んな事が起きるだろうな、と
振り幅が大きくなりそうな一年をどうやって闘おうかと考えています。

死なない限りは闘えます!
今年が楽しみです。

今年は新曲何曲お届け出来るかな?



Top
MOLICE戦記ll -A Record of “MOLICE BATTLE”  second edition-

プロフィール

TAKEDA YUZURU

Author:TAKEDA YUZURU
モリス
その音楽と戦いの記録、と。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。